Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

文章下手すぎブロガーの皆さんに贈る文章作法と校正ツール「文賢」

文章を整理して書き直す人 日々のなんでと思ったこと

ATTENTIONの看板

 

こんにちは。文章が得意だと自負する涼村什雜(じゅうぞう)です。

 

突然ですが皆さん、いやブロガーやアフィリエイターの皆さん、・・・

 

 

文章下手すぎですよ。

 

 

このブログを読んだことがある方は僕の文章についてどう思うのでしょう。はっきり言って僕は文章はうまいと思います。特にSEOを意識していなかった初期の記事も検索順位を上げていますがこれはひとえに文章がうまかったからに過ぎないと考えています。この記事で当ブログに始めてたどり着いた方はうまいかどうか読んで判断して下さい。

 

文章がうまいとなぜSEO上有利なのでしょうか。それはうまい文章は読者がじっくり読むからです。グーグルのSEOは記事に訪れた検索者がその記事をどれくらい読んだかを一つの指標にしているはずです。つまり最後まで読まれている記事は検索ニーズに合っていたことになるのです。だから順位が上がります。

秘密ですが僕はこのブログを始めたときからSEO上のある実験をしています。その結果、すぐにわかったことですが。記事は単純に面白くて読ませる文章ならばある程度(順位が)上がるということがわかっています。

 

文章が苦手だとSEO上は著しく不利です。僕もまだ初心者ブロガーに過ぎませんがSEO上は有利に進めていると言えそうです。

ブログの場合必ずしも文章がうまいだけではPV数は上がらないかもしれません。しかし文章がうまく書けていれば無駄に順位を落とさずに済むのも事実です。面白い記事を書いているのに文章が下手なために上がってこないという方は多いと思います。

文章を添削して欲しいブロガーは多いのではないでしょうか。

 

ブログを始めてみて少し有名ブロガーという方を見て回りましたが、はっきり言って大半は文章が下手過ぎです。子供でももっとましな文章が書けますよ。

でもそれで有名ブロガーなんだからブログというのは文章のうまさはそれほど関係ないのではないかという気もします。でもこれに関してはぶっちゃけ単に先行者利益というだけじゃないのという気もしてしまうのです。

ブログとSEOがどれほど関係があるかというのはまだかなり疑問があります。何故ならアホみたいな文章を書いていても人気があってPV数が多い人もいるからです。なかには文章など殆ど書いておらず食事の写真とツイッターの引用だけの人も見かけました。そういう記事を書いてブロガー名乗るのは恥ずかしすぎじゃないかと思いますがこれが現状のようです。

 

世間一般によく見られるようにブランドという側面もあるでしょう。でもブランド化してお金稼いでいるならそれはそれで文章にお金をかけてなんとかしたほうがいいですよ。

 

今日はそんな文章下手くそブロガーたちに贈りたい記事になります。

文章がうまいとは何か

 

現代において、というのは言いすぎですが昨今インターネット社会のおいて文章がうまいというのは、わかりやすく読みやすいということに尽きるでしょう。ただし、わかりやすいにしても文章ですから表現というものがあります。わかりやすく読みやすいの意味は一通りですが、それは必ずしも一文ごとに評価されるものではありません。

文章というのはトータル(全体)で評価されるべきなのです。僕が先程子供レベルと言っていたのはわかりやすいけど稚拙な短文を繰り返しているような文章です。こういった文章はぶつぶつ切れており読みにくく、内容は平易でも苦痛に感じてしまします。また読んだだけで幼稚だなと思われてしまうでしょう。

僕自身もあえてバカっぽく書いてる記事はかなりありますが、実際バカなのとバカっぽく書いているのでは意味が違います。複数の記事を読む読者にはすぐにバレてしまいますよ。

 

こういったことから、文章がうまいかどうかはわかりやすく読みやすいことに加えて、文の流れが流暢でまとまっているかであると言えます。これは一文ではなく記事全体のことです。

複雑な内容の記事を最後まで読ませるこつ

バランスを取るコツ

 

このブログを始めてすぐにあるASPの担当者さんから会いたいということでお会いしたことがあります。女性の方ですが彼女が言っていたのは長い文章でも止まらずに最後まで読めたということです。一日100人位のブログを見ると言っていましたがその中で目にとまる程度のものはあったのでしょう。

 

なかには簡単でない内容のものもあります。このブログの記事はほとんどが長文ですが12,000字ほどのものもあります。だいたい5,000字から8,000字程度です。序文がほぼくだらないネタなので文字数ほど内容が濃くないとも言えますが、それも含めて読まれているから順位が上がるのです。

文章における論理

 

これは男性の文章にはあまり見られないことですが女性の方の書いた文章には根本的に論理性が欠けているものが多いです。書いている方はいいのかもしれませんが読んでいる方の脳裏にはつねに「?」がつきまといます。なんでここでそれ?なんでそうなった?なんでその結論で文章が終わった?

こういう文章は非常に悪いと思います。読んでいても馬鹿丸出しです。ここまでひどければ書かないほうがいいでしょう。

この論理ですが。数字が文字になるだけで算数とさほど変わりません。

 

AはBである。このことに納得できますね?ならばBはCなのです。と言ったように、連綿と続く文章のロジックは読者の納得をはさみつつ継続していきます。この納得が途切れてはダメなのです。

これが最後まですらすら読ませる文章のコツの一つです。読者が納得できないロジックを残したまま次へ行ってはダメです。とは言え全く無いこともないかもしれません。読者の理解力が異なるからです。

ここでひとつ付け加えておきましょう。僕はさきほどの文の最後に「読者の理解力が異なるからです。」と付け加えました。これはこの一つ前の文を受けてのものです。一つ前に「~かもしれない」と書き、その推測の理由が読者にわからないかもしれないから書いているわけです。これを付け加えずに次へ行くと読者はなんでそう思ったのかよくわからないとか、何が言いたいのかよくわからないという印象を持つことになります。そういったことが何度か続くと読者はいらいらして離脱してしまうのです。

単文か複文か

単調な色のベンチに時々違う色

 

文章をうまく書くには単文が良いのでしょうか、それとも複文が良いのでしょうか。この答えは一様ではありません。

文章が下手なら単文を連続させるのが良いでしょう。しかし僕の記事を読んでいる方は複文が非常に多いことに気付くと思います。なかにはろくに推敲していない記事もあります。そういう記事は読みにくいかもしれません。しかし、きちんと推敲してある記事は複文でも読みやすいはずです。あえて意識的に複文を取り入れています。これは何故かと言うと単文ばかりだとバカっぽく説得力に欠けるからです。また文章の美しさというものも単文だけではあまり感じられません。

複文を文章が下手な人が書くと非常に読みづらいです。読みやすく複文の多い文章が書ける人は限られるでしょう。

しかし説得力に欠けるということを聞いてそれならば複文を取り入れたいと思った方もいるかも知れません。文章に複文を入れた上で、その記事を読みやすくするこつはリズムです。継続する複文の合間合間にリズムよく単文が入らなければなりません。うまく複文と単文のばらつきが出来れば複文だからといって読みにくいということはありません。

 

このリズムは完全にセンスです。出来ないと思うなら単文をつかうことを心がけたほうがいいでしょう。しかしそればかりだとアホっぽいですよ。

 

語調の混同

 

だ、である調とですます調が本文中で交じることは避けなければなりません。このブログでは導入部分がですます調で本文がだ、である調な場合がよくあります。これは単にふざけたことを言う時はだ、であるの方が表現しやすいからです。本来ならこれも避けたほうがいいのかもしれません。しかし本文に入って少し立てば読者の違和感もなくなるはずなのでまあ良いでしょう。

 

これが文全体で混じっているとなると話しは違います。「今日は上司に呼び出されて新橋で麻雀をしてきました。」と書き出したとしましょう。この後に「全く休日だと言うのにふざけた話である」というのはよくありません。あえておちゃらけた雰囲気を強調する場合ならこれでも構いません。しかしそうでなくこの後再び丁寧な口調が続くならば、読者は突然の語調の変化に納得の行かないまま次へ進んでいくことになります。これはまずいやり方です。

 

こういう例は少なくないです。やっている方は意識して修正するようにしましょう。

 

文末の表現の重なり

 

文末がずっと連続して同じかたちだと非常に単調で読みにくい印象を与えてしまします。ラップを思い出してください。下手なラッパーは似たような文末で韻を踏みます。単調でつまらないです。上手いラッパーは韻を踏みつつ予想外の重ね方をしてきます。この場合、同じような発音なのに上手いと思うわけです。

 

文章も似ています。連続する文で何回も同じような発音が続くと読者は単調過ぎてイライラしてきます。ですます調ならまだいいですが、である調の場合むさ苦しくなりやすいので注意したほうがいいです。であるが続かないように、例えば「~しなければならないのである」を「~しなければなりません」に変えるなどしましょう。実はこれもリズムの問題です。

 

リズム感のある人は意識せずともこれが出来るはずです。自分で書いていてリズムが悪いと気持ち悪くなるでしょう。しかしそうでない人がいるようです。ぴんと来ない方は常に意識して変化をつけたほうが良いでしょう。

ブロガーやアフィリエイターにおすすめのツール

文章を整理して書き直す人

 

とまあこんな感じでやや煽るような感じで当記事を進めてきました。なるべく読みやすくうまく書いたつもりです。誤字脱字以外は特に推敲していません。

 

これがうまいと思った方は上に書いたことを意識してやるとよいです。しかし人間そうも行きませんよね。

ひょっとすると僕が文章は上手いとしてもこれを読んだあなたの方が文章のネタに関しては面白いかもしれません。しかし読まれるのは僕の文の方です。何故ならすらすら読めるからです。ここまで読んだ方はほとんどストレスがなかった思います。(下手くそ扱いされてむかついたとかはあるかもしれませんが)

ちなみにこの時点で4,000字を超えています。ブログの記事としてはまあまあな量ですよね。しかしあなたはここまで読んでいます。僕の文が上手いからです。

 

失礼しました。でもここまで書けばせっかくの面白い内容を文が下手なだけで台無しなってしまうのはもったいないとわかるのではないでしょうか。ちなみにこの記事はあえて感情的な抑揚のない平板な文章を意識しています。もちろん文章構造を意識してもらうためです。

 

文章が上手ければあなたの記事は必ず今よりも上位表示されます。当ブログの記事のいくつかは単に読みやすいから上がっているものもあるはずです。まだ稼いでいない方はわからないかもしれませんが、少しでも稼いでいる方は上位表示のためにできることならしたほうがいい意味はわかりますよね。

ここで少し見ていただきたいのが当ブログの人気記事ランキングです。それほどばらつきなく多くの記事が読まれていますよね。通常のランキングだと上位3記事くらいがめちゃくちゃ読まれていて後は全然読まれていないという感じだと思います。これが文章力がもたらす安定感だと考えています。

 

今のSEOではコンテンツの内容にこだわる方はいますが文章作法にこだわったり改善している方はほとんどいません。才能だけの勝負になっています。その中であなただけ文章作法を学んだり人一倍注意し始めたら何が起こるでしょうか。それは大幅な掲載順位の入れ替えです。グーグルの検索アルゴに滞在時間や読破率と言った要素があるのは明らかだからです。

 

そこで今回だけ特別に僕が月額3万円で文章校正及び添削をやってあげましょう。稼いでいる方ならば収益を5割増しにすることも出来るかもしれません。応募が多ければ即締め切ります。

 

冴えないブロガー人生を今すぐ変えたい方はこちら

 

  涼村什雜の文章添削サービス

 

 

とか言ってね。

 

まあ嘘ですが(まじでやって欲しい方はコメント下さい。)

ここまで言われて僕に頼むのも癪でしょう。とうわけでおすすめツールがあるので紹介します。

 

それがこの「文章の完成度を高めるライティングツール【文賢】」です。文章を改善すれば一位をとれる可能性があるとわかればコストは余裕でペイすることがおわかりになるでしょう。といっても駆け出しブロガーの僕が言うのもなんですが。

 

しかしともかく内容が面白いのに文章の稚拙さで割りを食っている自覚がある方は文章の改善に取り組んだ方がいいです。論理構造がカオスな方は救いようがありませんが、文章テクニックのなさは変えさえすれば改善できます。文章が下手な人が急に意識して直すのは難しいと思います。しかしこのツールがあれば誰でもかなり上手い文章を書くことが出来るはずです。

 

想像してみて下さい。面白いのに読まれていなかった記事がある日から急に読まれだすことを。それで何が得られるかは言うまでもありませんよね。

 

文章のリライトサポートツール「文賢」とは

 

文賢はリアルタイムで文章の校閲・推敲を支援してくれるライティングサポートツールです。

 

なんと文賢はすでにJTB、KDDIと言った有名企業にも導入されているということです。これらの企業はブロガーと競合するとも思えませんがあなたのライバルが皆これを使いだしたらまずいですよね。いずれ文章のレベルでさらにSEOの順位が変わる可能性があると思います。

 

その時ライバルに勝とうと思えば文章力のある人に添削してもらうか、こういったツールを使うしかありません。グーグルの順位は先行者優位なのですから今すぐ導入したほうがいいでしょう。

 

出来るだけ早く良い文章でサイトが構成されていた方が順位が安定するに決まっています。

逆に文章が下手なためにせっかく築いた順位を維持できないかもしれません。

 

そんな不安も打ち消してくれるツールです。

 

文献の機能

基本機能1、校閲支援

文章の間違いを治してくれるのがこの機能です。文賢が校閲してくれる項目は以下の通り。

 

1、誤った言葉のチェック

2、誤った敬語のチェック

3、気をつけるべき商標と固有名詞のチェック

4、差別語や不快語のチェック

5、誤用しやすい言葉のチェック

6、ら抜き言葉のチェック

7、重複表現のチェック

 

敬語を間違えて使っている方は結構いますよね。これから連想されるのは「世間知らず」です。無駄に低く見られないようチェックがあると便利ですね。

 

商標や固有名詞のチェックもありがたいです。使ってはまずいワードなどよくよく調べなければわかりませんよね。

その他、重複表現のチェックも重要です。僕が一番重要だと思うのがこの機能です。

 

基本機能2、文章表現機能

 

文賢には3,500以上の類語や言い換えなどが用意されています。

 

それを利用してワンクリックで挿入し文章表現をふくらませることが出来ます。公式サイトの例が下記のものです。

 アリーナ1列目をゲットしたときのようなうれしさ
カップラーメンを待っている間にとった電話で「あ、これ長くなる」と察したときのような焦り
まだ半月もあるのにパケット制限されたときのような絶望感
アナゴさんがマスオさんよりも年下だと知ったときのような衝撃
給食を配るときに汁物の配分に失敗し、自分の分の味噌汁がなくなってしまうような切なさ
なんとも微妙ですがこのような表現がたくさんあるということですね。文章を膨らませたい時に使えます。ここからさらに自分でアレンジするのも良いでしょう。位置から考えるよりは発送しやすいかもしれません。

推敲機能

推敲の機能は下記のとおりです。
接続詞をハイライトし、論理展開がスムーズかどうかのチェック
同じ助詞の連続使用のチェック
同じ文末表現の連続使用のチェック
二重否定表現のチェック
一文に読点が4つ以上存在していないかどうかのチェック
50文字以上の文に読点がないかどうかのチェック
漢字で書くほうがよい言葉のチェック
ひらがなで書くほうがよい言葉のチェック
カタカナで書くほうがよい言葉のチェック
句点や記号のあとに改行がないかどうかのチェック(初期設定ではオフ)
句点や記号以外で改行しているかどうかのチェック(初期設定ではオフ)
記号が全角に統一されていないかどうかのチェック
英数字が半角に統一されていないかどうかのチェック
ユーザーが設定した任意の文字列を使っていないかどうかのチェック(ユーザー辞書)
この機能が最も役立つはずです。何故ならこれが僕が下手だと思った文章を直したいポイントだからです。
 読点を打ちすぎていてまずい文章のなっているブログは多いです。意識して修正できなければ、または基準がわからない場合ツールを使ったほうがいいですね。
これらのことは当ブログでも100%はチェックできていませんが本来なら全部やっておいたほうがいい項目ですね。

基本機能4、アドバイス機能

文賢がアドバイスするのは次のようなことです。
【箇条書き】を用いて、スッキリと整理できる箇所はありませんか?
もっと短くシンプルに表現できる文章はありませんか?
【結論→理由】【疑問(問い)→結論(答え)→理由】という並びを意識し、読み手の興味を持続させることを意識していますか?
【たしかに●●です。しかし~】を用いて、読み手からの「反論に対する反論」の準備ができていますか?
この文章を「誰が書いたか」という【話者】は明らかにしていますか?
読み手が共感できるよう、【感情表現】は入っていますか?
読み手の【自分事】となる言葉や表現は入っていますか?
指示代名詞を使いすぎていませんか?
係り受け(修飾語と被修飾語、主語と述語)の距離は近いですか?
長い修飾語や大きい状況を示す言葉ほど先に置いていますか?
複数の言葉を「と」「や」を使って列挙する場合は、「AとB、C、D」「AやB、C、D」という形になっていますか?
炎上リスクはありませんか?第三者の視点で読んだとき、知らない間に誰かを傷つけていませんか?
この【たしかに●●です。しかし~】というよな表現をつかって一旦相手を認めてから自分の意見を言うのは結構大事です。SEOにもつながるようなチェック項目が入っています。

その他の機能

 

chrome拡張を使うことによって左クリック時に文賢に送ったりchrome上で選択できる文章を文賢に送ることが出来ます。

これはある意味リライトツールとして使えるということですね。リライトツールは高額な場合もあるのでそれが低価格で手に入るのはありがたいです。

 

他にも漢字の含有率までチェックすることが出来ます。あまりに漢字がありすぎても読みにくいし少なすぎるとバカっぽいのでこのツールを利用して修正しましょう。

 

外注して記事を頼んでいる方はライターさんの校正に使うことも出来ます。

 

文賢を使用することで改善が予想できること

 

・離脱率や直帰率の改善
・検索順位の上昇(PV数の上昇)
・ブログの人気化
・記事の説得力の向上

 

このような改善が起こるならはっきり言ってそれが全てだと思います。ブログやサイトを改善するにおいてこれ以上のことを望むべくもありません。

 

文章が読みやすいものに改善されれば今までいらいらして途中で離脱していた人がとどまるようになります。そうすると必然的に検索順位が上昇します。検索順位が上昇すればPV数が上がりますよね。

さらに文章がうまくまとまっていると記事の説得力が向上します。この結果ブログは読まれ収益性は向上するでしょう。

 

文賢の価格・費用

 

文賢にかかる費用は初期費用5,400円(税込)と月額1,980円(税込)です。これが高いか安いかは単純にブログやサイトの収益次第でしょう。

 

文章の改善がうまく行った場合収益が20%改善するかもしれませんし50%改善するかもしれません。目には見えなくても数ヶ月かけてSEO効果が発揮され順位が上がるかもしれません。継続して毎月2,000円以上収益の改善が期待できるなら導入すべきです。人気ブロガーなら一瞬でペイするに決まっています。

 

文章を苦手としていてかつ稼いでいるブロガーやアフィリエイターの方は、文章の下手さでライバルに負けないためにこの程度の費用を払う価値は十分にあるはずです。いずれSEOに文章力が加味される可能性もあるのでいまのうちに準備しておくべきでしょう。僕は検索上位に稚拙な文章がならぶ今の状況は長く続かないと見ています。

読破率や継続時間だけでなく論理的な整合性が順位に影響を与えるようになるだろうということです。

 

また収益性のないブログでも文章のレベルが上って上位表示されたら収益が発生し始めるかもしれません。

 

いずれにしても自分で出来るところをどこまでやるかということでしかありませんよね。

 

文章の校正をしてくれる人がおらず、なおかつやらないで検索順位が低いままなら出来ることをやったほうがいいと考える方におすすめなツールです。月額費用が高いと感じ、文章を多少変えても順位や説得力の向上が予想されないなら導入を見送ったほうがいいでしょう。

 

しかしそうでないなら面白いネタをダメな文章で台無しにするのはもうやめましょう。月額2,000程度なら外食や居酒屋を1、2回我慢すればひねり出せますよね。上手い文章で上がった収益であとで外食の回数を増やせばいいだけです。

 

さらに法人としてWEBメディアを運用している方にはさらに必要性のあるツールです。個人のブログなら文章の下手さは愛嬌にもなりますが法人なら信頼性の低下にしかなりません。このようなツールで校閲を行い、出しても恥ずかしくない文章に仕立て上げてから公開すべきでしょう。ツールを使わずに専門の編集者や校正、校閲担当をおいたらかなりの人件費がかかってしまいます。逆に言えばツールを導入して今まで編集や校正にまわしていた人材を他に回すことも出来ます。

 

文章を外注する場合もそうです。なかには外注さんに自分で文賢による校閲をさせてから提出させている方もいるそうです。これなら無駄な文字単価を支払うことが少なくなるので月額費用はすぐに回収できてしまいますね。外注記事の校閲作業がなくなるばかりか記事の質も上がり、ボツがなくなって自分の時間が大幅に増えた、ということになるのは目に見えています。

 

 

なお、初期費用は通常10,800円(税込)ですがリリースキャンペーンで今だけ5,400円(税込)になっています。さらに5ライセンス以上買うと5%引きです。これだけの機能があって初期費用以外は月額1,980円(税込)というのは安いですよね。

 

この記事は最終的に9,000字以上になりました。ここまで読んだ方は文章の上手さを認めざるを得ないと思います。何故ならすでにここまでこれほどの長文を読んでいるからです。そして文章の上手さがもたらすものも容易に想像できますよね。あなたも取り入れて下さい。

 

文章が特に苦手だという方やSEOでさらに上位を目指すかたはまずはこのツールを取り入れて見るべきでしょう。使ってみてあまり使えないと思ってやめたとしても、手元に注意すべき文章作法の知識が残ります。本を買ったと思えば損にはなりませんよね。

 

何よりも収益やPV数が上がらないのは誰でも改善できる文章作法が原因かもしれません。それならば少なくとも数ヶ月間このツールを試してみるべきですね。比較できるようなツールはありません。文章が得意な僕が直してあげたいポイントはここという要点をしっかり抑えているのが文賢です。

 

やっている人は少ないのだからやりさえすればダイレクトに帰ってくる改善項目です。予想以上に売れているツールなので導入してライバルに出し抜かれないようにしましょう。

 

 

  文章の完成度を高めるライティングツール【文賢】

 

 

 

刮目して待たれよ!売りの好機ぞ必ず来たる

 

仮想通貨は崩壊する。つまり入るなら売りと考えています。(何ヶ月も前から個人的には売り推奨)売りの好機が来た時、口座がなければチャンスを掴めません。作っておくといいですね。  

 備えあれば憂いなし 

 

世界最大級の仮想通貨取引所            >>>QUOINEX

東証一部上場の有名日本企業で選ぶなら >>>【GMOコイン】

東証二部上場企業が運営する日本最大級の取引所
>>>ビットコイン/イーサリアム取引所 BITPOINT

買い物にはクレジットカードを

しっかり選べば4倍5倍お得になるクレジットカード選びは実はとても重要です。年間を通して使う買い物の総額は想像以上に膨大なものでそこから生まれるポイントも使えば使うほど、また時間がたつほど大きくなります。  

筆者はリクルートカード(現在募集停止中のリクルートカードプラスですが年会費無料のリクルートカードも十分お得です。)を使っています。これを使うまでの買い物は全く大損だったと言って間違いありません。  

お得なカードは他にもあるのでリクルートカードとも比較してみてください。

 

>>>買い物のお買い得度を様変わりさせる厳選クレジットカード3選

ヤフーショッピングをよく使うなら   >>>Yahoo! JAPANカード

コメント