Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]
マカフィーが激安セール3980円!

エド・スタッフォードのザ・秘境生活はやらせで卑怯生活なのか-疑問に思う怪しい点を挙げる

エド・スタッフォードの秘境生活はやらせ? サバイバル

エド・スタッフォードのサバイバル動画を以前見たのだが、当サイトでも筆者が「あまりにもすごすぎて本当に感動したしタイトルもすごすぎ」などととまでとつけて書いた記事がある。(エドスタッフォードのサバイバル動画

逃走中のJ
逃走中のJ

ふんっ誰が書いたんだか笑

というわけで私からは一定の批判的見地からこのエド・スタッフォードサバイバル動画について検証してみたいと思う。

※エド・スタッフォード、エド・スタフォードなど表記の違いはあるが同一人物である。

私がエド・スタッフォードのサバイバル動画をやらせだと思った理由

私はあまりにピュアなので、人が自分を騙そうとしているのに気づかないことがある。なので私はこの動画がやらせなどと夢にも思わなかったのだ。

だがしかし!

色々記事を見ていると、「やらせやらせ」言っている記事が結構あるではないか。それを見て私はこう思ったのだ。

逃走中のJ
逃走中のJ

そーかも

そんなわけで私がこの動画を見てやらせではないのか?と思った部分を挙げておく。

肉食動物とのニアミスすらない

どう見てもサバンナなどの肉食動物の生息区域にいるにもかかわらず1匹も姿さえ現れたことがない。でてくるのはいつも糞だ。なにかわからない糞を「これはジャガーの糞に違いない」などというだけである。

エド・スタッフォードがいる地帯には確実に肉食動物がいるはずだ。なぜなら獲物となる草食動物がいるからだ。アフリカのサバンナで草食動物がいるのに肉食動物はいないということは自然の環境ではありえないだろう。だから確実に肉食動物はいるはずなのだ。

しかし私が疑問に思っていたことがひとつだけある。

なんでこの男は肉食動物の生息区域で裸でいられるんだ?

そして私が想像したのは次のようなことだ。エド・スタッフォードの周りには半径50mくらいに完全武装した警備チームがいて護衛されている。常に見張られていて、万が一肉食動物が襲いそうになったらすぐさま射殺する準備が整っている。

逃走中のJ
逃走中のJ

これくらいじゃないと肉食動物のいるところで裸で生活なんてできないだろ?

だから私は肉食動物の生息区域での卑怯生活・・・いや秘境生活は実は、何らかの方法で肉食動物が入ってこれないように隔離されているか、上記のように厳重な警護がついているのではないかと疑っている。

サファリパークでの事故を思い出してみるといい。肉食動物は人間など恐れもせず近寄ってきて襲い掛かっているではないか。食えそうか遠めにうかがう肉食動物くらいいてもおかしくないのがわかるだろう。

蚊がいない

確かタイの密林の時にハエかアブの一種にたかられているシーンがあったが、それ以外では密林にもかかわらず蚊に悩まされているシーンがなかった気がする。これはありうるのだろうか。蚊がいないのかおかしいという指摘は他のブログでも書かれていたと思う。

私も同感だ。サバンナはどうか知らないが密林(ジャングル)で蚊がいないということはありえないだろう。一般人がサバイバル・チャレンジする動画では蚊でなくとも虫が原因で一睡もできずにリタイアというものは結構あるのだ。

ワニのいる川に裸で入って泳ぐ

エド・スタッフォードは泳ぎが苦手らしい。にもかかわらずさっきワニが泳いでいたと分かっているところに裸で入っていくのだ。たまたまワニが襲ってこなかった?

しかし、こんな無謀なことを繰り返していたらいつか致命的な事故につながるに決まっている。しかし、ニアミスすらしないとうことはどういうことだろうか。

してるかもしれないじゃないかって?

それはない。衝撃的なシーンを放送しないわけがないからだ。

それにワニのいる川のシーンだってちょっと怪しい。わざと水に溺れてワニに襲われた?みたいな演出をしていたりするのだ。ワニのいる川でそんな余裕があるだろうか。

ヤギがたまたまツルに絡まって捕まる

別記事で書いた気もするが、コメントいただいて思い出したのでこれも書いておく。

エドがある動画でヤギがたまたまつる草に引っかかって動けなくなっているのを発見するシーンがあるのだ。確か無人島だったがたまたま無人島に来たおっさんの食料になるためにたまたまヤギが罠にはまる…ならまだしも罠ですらないツルに絡まって動けなくなるなんてことがあるだろうか。

逃走中のJ
逃走中のJ

絶対ないねw

これもやらせを疑わざるを得ないシーンの一つだ。

結論:私なら一睡も出来ない環境で寝れるのがすごい(けど怪しい)

肉食動物がいるかもしれないジャングルで、草の屋根だけの小屋で裸で寝るなんて全く信じられない。私は北海道でキャンプして茂みを通らなければならなかった時にクマが怖くて仕方なかったのだ。あんなジャガーがいる密林で裸で過ごせて、しかも寝られる人間なんているのだろうか?

夜寝ているシーンはないし、やらせだろ?と思われても仕方ない気がする。

小屋で寝る前までのシーンをとって、

業界人、テレビディレクター

「ハイ、カットォー。エドぉ、素晴らしかったよぉ。さあ、ホテルで熱いシチューと冷たいワインが待ってるよぉ。」

なんてやり取りがあっても不思議ではないと思ってしまうw

私の邪推かもしれないが、そう思わずにはいられないのだ。しかし、それでもスリルがあって面白いとは付け加えておく。

限定公開だがまだ見れるようなので、動画が見たい方は次の記事から見るといいだろう。

エド・スタッフォードの「ザ・遭難サバイバル」が始まる

やらせでも面白すぎるエド・スタッフォードの動画。

今度はザ・遭難サバイバルという番組をやるらしい。

逃走中のJ
逃走中のJ

あ、やらせかどうか確定してないけどね…笑

このザ・遭難サバイバルを見れるのはスカパーだ!

もうすぐ始まるみたいだから興味ある人はこの「ザ・遭難サバイバル」の期間だけでも登録しておこう。スカパーは契約月は基本料金無料なので意外と損はないと思うぞ。

コメント

  1. その辺のグダグダした所はカットしてるんじゃないかなあと思う
    虫で寝られんメンタルのはそもそもキャスティングされないだろうし

    • コメントありがとうございます。寝るシーンのことですかね。そうかも。

  2. 野生の動物は人間が怖いから近寄らないのが基本だという。サファリパークなんかは人間慣れしてるから例外だろうけど。
    エドの場合はカバの姿と鳴き声がする動画があったから、あまり見てないなら是非動画を検証してほしい

    • その意見もありだと思います。

  3. カットしとるんやろな、多分。
    47分くらいにまとめられてるぐらいだし。

    • コメントありがとうございます。

  4. 虫除けは確実に使ってると思います

    • ですね

      虫がたかってたら撮影にならないからまあ仕方ないですが。

  5. 虻に集られてるシーンはありましたよね。日焼けの時は服を着たり、足にばい菌入って抗生物質飲んだり、番組の進行に影響するシーンは入れてるけど、その他不測の事態に備えて外部から救助なり機材使用するシーンはカットしてるのではないかと邪推します。
    肉食獣の下りは実際はいない可能性がありますね。コストを考えるとヤラセをやるほうが難しいので1人で挑んでるのは間違いないでしょうが、危険を演出してる可能性はあり得ますね。

    • アブにたかられているシーンありましたね。しかしあれだけです笑

      あれほどの密林で肉食獣が本当にいないのか謎ですが、裸で寝られるのは理解できません。
      熊がいるところでも撮影もありますが遭遇したら一貫の終わりなのに一人で裸で歩くというのも理解不能です。

      近くに武装した撮影班がいる可能性がか高いかと思いますね。

  6. ヤラセかどうかは別として元軍人でありアマゾン川の踏破を成し遂げた事実からエドが常人より優れたメンタルを有していることは明らかです。その上様々なストレスに晒されるサバイバルを何回も繰り返している時点でエドのメンタルは僕らの理解の範疇で考えるべきではないのが妥当ではないでしょうか。
    それに武装した撮影班がいるかもしれないとのことですが熊を倒せるレベルの装備と人員を過酷な環境で待機させておくことは食料や諸々のコストを考えるといささか現実的ではないと思われます。
    あと肉食獣が全然現れないというのは実際登山をしてみればわかるのですが熊などと出会うより鹿などを目にする回数の方が圧倒的に多いです。やはり草食獣より肉食獣の方が数が少なく嗅覚が鋭敏なため警戒心が強いのではないでしょうか。それらを踏まえると数十回のエドのサバイバルでニアミスがないというのも十分あり得ると思われます。
    最後にディスカバリーチャンネルでおなじみのベアグリルスはご存知ですか?
    彼も過酷な環境からの生還という名目で動画を撮っています。
    しかしそれらは事前にスタッフが下調べした上での撮影だと公言されています。しかしその動画でのルートや食べる物はベアが選んでいます。それにもかかわらず一歩間違えれば死ぬようなルートを通ったり絶対に口にはしたくないようなゲテモノも食べています。それらを考えるとエドにもベアにも一種の死への覚悟みたいなものはあるのだと思います。そのため肉食獣のいる密林で寝られたり裸で就寝することができるのではないでしょうか。
    このようなことを言っといて何ですが確かに毎回罠に獲物がかかったり比較的新鮮な屍肉が落ちていたり挙げ句の果てにはツルにヤギが引っかかっていたり一定の番組進行をするためのヤラセ(というより仕込み?)をしている可能性は大いにありえますね。
    超長文失礼しました!

    • 「ツルにヤギが引っかかっていたり」

      あれは爆笑しましたね。仕込み以外ありえないだろ笑

      ところで「一種の死への覚悟みたいなものはある」ので「肉食獣のいる密林で寝られたり裸で就寝する」のだ、
      とうことですが、
      エドは時々救急セットとか使ってますよね。抗生物質を飲んでましたし笑

      ということは間違っても病気で死にたくないということでしょう。

      なので私は肉食獣のいる密林で寝られたり裸で就寝するということが信じられないのです。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール
タイトルとURLをコピーしました