Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

NHKの受信契約義務が合憲との判決ついて-テレビは本当に必要か

日々のなんでと思ったこと

こんにちは。

 

皆さんテレビを持っているでしょうか。

 

え、持っているに決まってるだろって?

私は持っていません。

 

持っていないばかりか、持ったことがないです。

 

ところで今日NHKの受信契約義務が合憲との判斷が出たようですね。
私のNHKに関する唯一の関心はなんでテレビを持ったことがない私のところへ何度も来るのかということだけです。

しかしこの件ついて記事を書いた時に調べたのでNHK関連の判決は注意してみていました。

今日はNHKのことについて書いてみたいと思います。

 

NHK受信契約訴訟の概要

NHKオンラインによれば(笑)、「都内の男性に対する裁判では、設置者に受信契約を義務づける放送法64条の規定が憲法に違反するかどうかや、契約がいつ成立するかなどが争われました。」とのことである。(NHK NEWS WEB)

 

これに対し、

最高裁判所大法廷は、「受信料は憲法の保障する表現の自由のもとで国民の知る権利を充たすための制度で合理的だ」として、テレビなどを設置した人に受信契約を義務づける放送法の規定は憲法に違反しないという初めての判断を示しました。(同上)

ということである。

 

この判決(判斷)について

 

これがおかしいのは国民の知る権利を満たすために「知りたくもない情報を金を払って見る」義務が発生するということだ。

裁判官というのはまともな論理的思考能力がないに違いない。

 

公共性という観点から言えば、NHKの主張は視聴率だけでは評価できないような例えば古典芸能などの番組を放送しているから受信料である必要があるということだ。

しかしこんなのはくだらない話だ。何故なら古典芸能をする人自身が何かを発信しても公的に支えられることなどないからだ。大本が受信料で支えれていないのならばそれを紹介するものが公的な立場と言って公的な報酬としての受信料を受け取る必然性はない。

 

この判斷ではもう一つ「NHKが未契約者を相手取って裁判を起こし、勝訴判決が確定した時点で受信契約が成立する」ということが示された。(読売オンラインより引用)

 

これによれば、放送法64条1項については放送法それ自体やNHKに契約を履行できる強制性があるわけではなく、あくまで司法上の執行としてなら契約を望まない人とも契約を結ぶことが出来るということだろう。

さらに読売オンラインによれば、「未払い受信料を徴収できる時効(5年)について、「受信契約の成立前には時効は進まない」とした。」ということだ。つまり時効はなく持った時点まで遡って徴収するということらしい。

NHKに受信料を払わない唯一の方法

現時点で唯一合法的に受信料を払わなくてよい方法はテレビを持っていないことである。私は学生時代にテレビを見ないことにしたので今まで一度もテレビを買ったことがない。この点私は先覚者だったのである(ぷっ)。

 

NHKに受信料を支払うことに腹を立てている人は、テレビを見なくてもよいということを改めて考えてみていただきたい。テレビなどもはや数あるメディア(を配信する器機)の一つでしかないのだ。テレビを持つこと自体絶対的なことだと思いこんでいる人はまだまだ多いだろう。

しかし、テレビを持つか持たないかということ自体をそろそろ検討しても良いはずだ。

 

時代はマス・メディアからネットメディアに、さらにブログなどの個人メディアに移ろうとしている。エンターテインメントもテレビや芸能人によるものより個性的な個人が放送するyoutubeなどの動画がすでに凌駕し始めている。

 

そういう時代にあってテレビを一日中つけていたり(部屋にいる時には)するのはますます自分自身を時代遅れにするだけである。

 

私が高校生の時はまだインターネットなどというものはほぼないに等しく、パソコン通信とか言っていたはずだ。そういう時代に生きた私ですらもうテレビなど10年以上も前に見放しているのである。ネットの情報のほうが遥かに有益だというわけだ。

 

テレビを持たない方がいいということについてはまた別の機会に改めて書いてみたい。

 

これからはますます広告によって利用者は無料でサービスを受けられる時代になるだろう。私などもブログやメディアで気になる広告を見ればよくクリックして見たりしている。広告が様々なサービスを進化させるだろう。そういう時代に旧態依然たる受信料などを徴集しているメディアに1秒も時間を割くのは無駄だ。

さっさとテレビ自体をやめてしまったほうが良いに決まっている。

 

NHKの契約はテレビを放棄すれば解約することが出来る

調べてみれば、すぐにどうすれば解約できるか説明したサイトが出てくるので検索してもらいたい。解約できる条件はテレビをまったくもっていないことだが。こんな情報はテレビを見ていても降っては来ない。NHKの判決に関する記事をテレビのニュースとして見たかネットのニュースとして見たか、さらには私が書いたこの記事のような個人メディアのコンテンツとして見たかでこれだけ違うのだ。

私の記事で知った人は今すぐテレビを捨ててNHKを解約しようと思う人もいるかもしれない。

 

テレビを見て受動的な情報を受け取っているだけではいつまでたってもこういう考えにすらいたらないだろう。

 

もはや誰しもが画一的な情報を受け取るような時代ではないのだ。

 

知る権利を満たすというのであればNHKの受信料などではなく、誰もが無料でインターネットを見られるようにすべきだろう。

 

こういった時代錯誤のものは遠からず廃れていくに違いない。

 

 

 

・・・テレビを見ることもなく、受信料を払ったこともこれから払うこともない自分がなんでこんなにむきになっているんだか。

 

払っている人ならなおさらだろう。

 

以上NHKの受信契約義務の判決(判斷)について思うことでした。

それではかしこ。

肌の健康に悩み続けるあなたに 

アトピーや乾燥肌などでお悩みではありませんか。30年以上もアトピーに悩まされながらも肌が綺麗だと言われ(たりする)る僕が肌の悩みを解決しましょう。実はこれ、結構自信があります。肌の健康というのは水分と油分これが常に適切な状態にあるかどうかでしかないと考えています。

水分と油分はどちらか一方だけ充分でも効果は薄く、両方の条件が同時に満たされている必要があります。他にもありますがこれらの条件が満たされていて皮膚常在菌が元気に活動できるというわけです。

 

アトピーの一部もこれらの要因が関わっていると僕は考えています。肌の健康にとってもっとも重要なのが油分でありどなたにもおすすめしたいのがオーガニックホホバオイルです。

ホホバオイルは誰にもおすすめですが、肌や健康のことを説明するのに記事下の少ないスペースでは十分ではありません。役立つ記事を書いているはずなので関連記事をご紹介します。

 

まず第一に女が正しい美容を女に薦めるわけがないという衝撃の記事を御覧ください。アトピーの方は次の記事を是非お読み下さい。僕はアトピーを治したので同じような苦しみを抱えている人を見過ごしたくありません。全員は治りませんが一部は確実に治るはずです。

アトピーを治せない皮膚科が処方するヒルドイド(ヘパリン類似物質)をアトピーじゃない人が使うという矛盾

「アトピーの原因」菌とpHに着目しアトピーを完治させた私の治療法

 

皮膚科でアトピーが治るわけないじゃないのという意見についてはヒルドイドの記事と上の女が女にという記事がおすすめです。幻想をスパッと打ち砕いてくれるでしょう。

 

肌の本当のことを同性が教えてくれるわけがないとわかったら30代でしわがほとんどない僕が考えるしわができない理由について読んでみて下さい。

 

  なんでしわが出来ないのか-しわができない人のほうれい線を予防する習慣

 

インフルエンザ予防法ダイエットの記事もおすすめです。ただし次に僕が書く記事は過食症の治し方になるでしょうけど…。体脂肪率一桁から絶賛過食症中です。

 

なかなか健康になれないものですね。解決できたら僕なりの方法をシェアしたいと思います。皆様の健康をお祈りしていますよ!

 

メタバリアSを飲んでみた口コミ・レビュー

 

コメント